持ち帰り謎(通信販売)

作品

転校生は中二病

「『はじめまして。』 と言うべきだろうか」 顔を上げると、今日うちのクラスにやってきた転校生が、手紙を片手に不敵な笑みを浮かべていた。眼帯に包帯。手の甲にはマジックで書いたであろう刻印のようなもの。そして今の口調。 私は知っている、彼は『中二病』というやつだ。正直な話、あまり・・・いや、かなり関わりたくない。 「実は今、この世界は崩壊の危機にある。なんとかしたいのだがボクだけでは力不足でね。キミに声をかけたというわけだ。どうだ?世界を救ってみたいと思わないかね?」 やはり、関わりたくない。 しかし、しかしだ。いくらなんでも転校初日で邪険にするわけにもいかないし、絵に描いたような中二病な彼に興味がないわけでもなかった。やっかいな事になりそうだと思いながらも、好奇心を抑えきれない私は、彼からの手紙を受け取ることにした。
作品

おばあちゃんのおもちゃ箱

「ごめんね、今日でおしまいなの。」 いつもの駄菓子屋に遊びにいった僕は、あまりに突然のことに、言葉の代わりに涙が溢れてきた。 「ほら、泣かないの。」 ゆっくりと目を開けると、滲む世界に映ったものは、しわくちゃな手と手作りなおもちゃ箱だった。 閉店の日、泣いていた僕は、おばあちゃんからの最後のメッセージを受け取った。。。
作品

素直になれないラブレター

「センパイ!」 聞きなれた声より一段高い声に振り向くと、いつもの元気で気さくな雰囲気とは、どこかが違うマネージャーがいた。 いつもの距離感より半歩踏み込んだ彼女は、手紙を押し付けると、一度も視線をあわせることなく走り去っていった。 声をかけ損ねた僕は、彼女がみえなくなると、視線をゆっくりと手紙にうつした。。。
作品

言霊

「豊作の神よ、村に豊かさを与えたまえ」 この村では、豊作の神に祈りをささげることで豊かさを手に入れていた。 しかし、人々は徐々に祈る事をやめ、祈りの言葉すら忘れると、太陽は闇につつまれ土地は枯れ果ててしまった。 覚えていることは2つ、言葉には神が宿ることと祈りの欠片があること。 祈りの言葉を解読し村を救え!
作品

ナゾトキ学園七不思議

「人間がね、消えるらしいよ」 入学式の真っ只中。不意に彼女がそう囁いてきた。彼女曰く、この学校には七不思議があり、その一つが神隠しだという。 入学式を終え、ふと気づくと、そこに居たのは僕ひとりだった。 見回せども誰も居らず、人の声も物音もしない。どうして誰も居ないのだ。そう思った瞬間、彼女の言葉を思い出した。そう、正確には"僕が"居なくなったのだ・・・ 七不思議の謎を解きあかし、もとの世界に戻ることができるのか?
タイトルとURLをコピーしました