陽のあたる場所へ/エピローグ

木々が生い茂った森の中の遊歩道を抜けると、
そこには、白いマーガレットが大きな花時計を囲むように一面に広がっていた。

========================================
花時計とマーガレットは夕陽に照らされ、
見渡す限りオレンジや赤が混ざり合った淡い暖色に染まっていた。

穏やかな風にマーガレットが波のように揺れ、
一瞬一瞬で変わるその光景はあまりに美しく、
ぼくらは時が経つのも忘れ、みとれていた。

「綺麗——」
「白いマーガレットの花言葉は、確か……」
「真実の愛……じゃなかったかしら」

そう言って微笑む姿に僕は、
ある決意を固め、勇気を出して、その決意を口にした。

「あのさ……大事な話があるんだ。
 ずっと、これからも君と同じ時間を過ごしていきたい。
 どうか、一緒に歩んでくれませんか?」

そう言って僕は、ポケットから小さな箱を取り出した。
=fin=

↓秘密の場所の発見をツイートしよう↓
タイトルとURLをコピーしました