ふろぼず

エンディング

転校生は中二病/エンディング

転校生のメッセージを解読しました! 「ご名答。それがボクからのメッセージだ。 何せ、ボクは転校したばかりで『友』というものがいない。しかしこのままでは、この世界は虚に飲み込まれてしまうだろう。ボクと共に、この世界を救おうではないか!」...
作品

陽のあたる場所へ
販売中

『秘密の場所を見つけた2人は永遠に結ばれる』 交際3年目を迎えた日、ぼくらは植物公園を訪れた。 一年中、様々な花が咲くこの公園には、ガイドブックには載っていない《秘密の場所》があるらしい。 「受付時間は10時ですね。こちらの懐中時計をもってお進みください。」 入園受付でパンフレットと懐中時計を受け取ると、秘密の場所を探し始めた。
作品

ポケットプラネット
販売中

『知ってる?430年前の光なんだって。』 天文学部の第二の部室、満天の星がみえる高台。 北極星に向けて天体望遠鏡を設置していると、彼女は唐突に話し始めた。 「自分たちが生まれる前の光をみて、空に夢をみるの。 大人も子供も、言語や文化も関係ない、この星空をみて感動するの。 それってとても神秘的なことだと思わない?」 「実はね、私にも夢があるんだ。」 そういうと彼女は、とりためた天体写真を差し出した。
その他

リミット30min

ある日、あなたの元に届いたのは一つの小箱とメッセージカード。「英知なるあなたへ。」とだけ書かれたメッセージカードを脇に置き、ゆっくりと蓋を開けてみると、そこにはむき出しコードが張り巡らされた箱、表面には禍々しく光る「30:00」の電子文字。 「時限爆弾だ。」 そう認識した瞬間、突如カウントダウンが開始される。29:59、58、57…どうやら考えている時間はないらしい。残された時間は30分。すべての謎を解き明かし、時限爆弾を解除せよ!
カフェ謎

wisdom quest

この村には一つのしきたりがあった。 『齢十五をむかえた者は、知恵の祠(ちえのほこら)へと向かい『賢者の書』を手に入れることで一人前と認める。』 十五の誕生日を迎える僕は、冒険の準備を始めた。

作品

まほうのとけたおかしなクッキング
販売中

『はじめて食べたお菓子の味、覚えていますか?』 パティシエになって早幾年、私は長年の夢だった店を持つことができた。明日からの開店準備を終え一息ついていると、専門学校時代の先生が訪ねてきた。 「忙しい時に済まないね、君に作ってほしいお菓子があるんだ。」 先生は鞄からレシピをとりだした。
その他

久木田かなこファンイベント

『朗読をはじめようとしていた時、久木田により出演者の大事なものが盗まれ謎を仕掛けられた。 このままでは幕が開けられない。開演までに久木田に提示された謎を解き、大事なものを取り返すことが今回の目的。』のはずだった。 しかし、久木田の謎をといて大事なものを取り返そうとしたその時、大事なものが本当になくなっていた。 真犯人をみつけ大事なものを取り返すこととなった。
カフェ謎

海の中のおしゃれなレストラン

本日は、ご来店いただき誠にありがとうございます。 ご注文いただきましたこのカフェセットは、 必ずSNS映えするという不思議なメニューです。 是非最後までお食事をお楽しみくださいませ。

作品

黒に咲く華
販売中

『愛しき妻よ、君のためにこの本を残す』 僕は、廃屋となった曽祖父母の家らしい場所を訪れた。“らしい”というのは、この家のことをつい先日知ったからだ。 曾祖母がまだ女学生だった頃、両家の反対を押し切り結婚したが、曾祖父は若くして結核を患い、曾祖母も追うように結核で亡くなったらしく、埋葬だけ行い、家は今の今までそのままだったとか。 そんな話を聞きこの場所を訪れた僕は、曽祖父の部屋でこの本を見つけた。どうやら、曾祖父から曾祖母へあてたもののようだ。ぼくは、曾祖母に代わり、書の紐をゆっくりとほどいた。
作品

転校生と虚数世界
販売中

下校しようとする私の視線の先に『奴』がいた。 「やぁ。先日、封印されし古城(※旧校舎)を調査していたら不思議な手紙を見つけてね。解読を試みたんだが、どうやら私とは術式が違うようで、手を焼いていたところなのだ。」 『この手紙の封印が解かれたということは、時が満ちたということだろう。』 私は手紙の一行目で頭を抱えた・・・この手紙の主も『中二病』だ。 「さて、状況は理解できたかな?我々でこの世界を救うとしよう」 私はまた、彼の厄介ごとに巻き込まれてしまった。。。
タイトルとURLをコピーしました